私立進学の教育で専願と併願の違いを知る

企業内での新入社員教育 それぞれの学校では、入試において募集定員を定めます。そして受験生の中で一定基準の人に入学の権利を与えます。つまり合格ですが、合格者は合格した学校から一つ実際に進学する学校を決定します。この時、学校によっては権利を与えたけども来てくれない人が出てきます。学校運営上、定員に満たないと問題になることがあります。

私立高校は、公立高校に先立って受験がされ、合格発表も行われます。もし私立にのみ行きたい学生は、公立の受験はしないでしょう。公立の受験をする生徒は、公立に受かれば私立は辞退する人です。私立学校として、受験時に一定の条件を出すことがあります。それは専願ですか、それとも併願ですかです。教育の上でどれくらい影響するかです。

専願と併願では、多少合格ラインが異なります。専願は低めになっています。その分、合格が決まればすぐに合格手続きが必要で、しなければ進学の権利が失われます。併願は難易度が少し高く、公立合格まで手続きが猶予されます。

注目の情報

Copyright (C)2019企業内での新入社員教育.All rights reserved.