若い親が増えてきた結果、教育方針は

企業内での新入社員教育 年々若くして子供を持つ親が増えてきました。小学生の子を持つ親が20代というケースが増えてきて、子の成長に親が着いて行けてません。それ故なのか、幼稚園、学校ではモンスターペアレンツと呼ばれる親も出てきました。テレビドラマなどでも話題になった学校への行き過ぎたクレームをあげてくる親の事です。これは親が未熟のまま、子が成長し、子のことよりも自分を優先してしまうがために親が混乱してしまいクレームを出すというケースが多く、それ故に幼稚園側、学校側も対策に困っているのが現状です。

それを理由に教師も退職者が増え、教育どころの騒ぎではありませんというのが本音かもしれません。また、その対策のため、教師が注意のつもりで子供に触れただけで体罰と言われ、参観日で手を上げなかった子供の親は授業を、手を上げなくても呼んであげてなど、様々な注文が飛び交ってきます。教師によってはそれを恐れ、教壇の上で何もできなくなることもしばしばあります。教育の見直しもしかりですが通わせる親側もまた教育を受ける必要があります。

注目の情報

Copyright (C)2019企業内での新入社員教育.All rights reserved.